GawachanSoftについて

サイト概要

GawachanSoftは、私中川が自作のソフトウェアの公開とライセンスの販売を行う目的で運営しています。

ちなみに、GawachanSoftはガワチャンソフトと読みます。
Gawachanとは私中川の姓をもじったもので気に入って多用しています。

作者プロフィール

中川良介

1976年生まれの42歳。

全盲のスクリーンリーダーユーザー。
独学でプログラミングを学習。
C言語やC++でWindows APIを呼び出す形でソフトウェアを製作している。

趣味は、読書(主にライトノベル)・アニメ視聴・音楽鑑賞など。
ストレス解消法として、よく甘い物を食べている。
運動が苦手。
寒いのが嫌い。

座右の銘は「人生楽しむべし」

作業環境

私中川が、ソフトウェアの開発などの作業をしている環境について紹介します。

作業用の机に2台のノートPCを置き、その周りに点字ディスプレー・WiMax2+ルーター・スキャナー・スピーカーなどを載せています。
大きめの机を使用しているのですが、載せている物があまりにも多いため、常にせせこましい状況です。
作業用の机は、お値段以上でおなじみのニトリで購入しました。

ノートPCは、ヤマダ電機で購入した富士通製と、Amazon.co.jpで購入した東芝製を使用しています。
ノートPCのキーボードは打ちづらく、毎日のコーディング作業には向かないので、昔amazonで購入したUSBフルキーキーボードを接続して作業しています。
特価の1,000円以下で購入しましたが、なかなか使いやすいキーボードです。

点字ディスプレーは、2014年の7月に購入したKGS社の「ブレイルメモスマート40」を使用しています。
一度に40ますの点字を表示できるので、コーディング作業時にもおお助かりです。

2013年の4月に自宅のネット環境をWiMaxに変えました。
それまではyahoo!BBのADSLを利用していたのですが、ここ5年はWiMaxです。
WiMax1本でも十分自宅のメイン回線として使用できています。
ふだんはクレードルに乗せて自宅のメイン回線として使い、外出時には鞄の中に入れてモバイルWi-Fiルーターとして使っています。
1台2役の便利ルーターです

2015年2月にWiMaxからWiMax2+に乗り換えました。
WiMax2+になったことで、ネット接続が安定し、通信速度も上り・下り共に大幅にUpしました。

開発に使用している言語はC言語やC++です。
これらの言語からWindows APIを呼び出して、各種ソフトウェアを製作します。

コンパイラはMicrosoft Visual C++ 2008を使用しています。

ソフトウェア開発の手順としては、まずPC-Talker付属のMyEditでソースコードを書き、.cや.cppの拡張子で保存します。
それをMicrosoft Visual C++ 2008から開いて、Buildします。
テストを行い、問題があればMyEditに戻ってソースコードの該当箇所を修正し、再度Buildします。
この作業をソフトが完成するまで繰り返します。

C#や.NET Frameworkの学習もしてはいるのですが、未だにC言語の関数をべたべた書いていくスタイルから抜け出せずにいます。
C#や.NET Frameworkでソフトを作ると、実行ファイルのサイズが肥大化することも気になる点です。