GSテキストレコーダー

最終更新日 : 2018年12月15日

ソフト概要

GSテキストレコーダーとは、テキストファイルに書かれている内容をSAPI5に対応した音声エンジンで録音するソフトです。
GSテキストレコーダーを使用することで、お手持ちのテキストファイルから簡単な操作でオーディオファイルを作ることができます。

テキストデータを音声ファイルに変換することで、お好みのメディアプレーヤーソフトで再生させることができます。
また、PCへの接続時にUSBドライブとして認識されるタイプのポータブルプレーヤーをお持ちであれば、音声ファイルをコピーして、外出先などでも聴くことができます。

主な機能

簡単操作

複雑な設定は必要ありません。
録音するテキストファイルを指定して、録音に使う音声の設定を行うだけです。
あとは「録音開始」のボタンを押せば録音作業が始まります。

お好みに合わせて音声エンジンを調整

テキスト録音に使用する音声エンジンは、ご利用のパソコンにインストールされている物から自由に選択できます。
音声の音量・音程・スピードについても、21段階の調整が可能です。

会話文を別の音声で録音

2種類の音声を使って、通常の文と鍵かっこで括られた会話文を読み分けて録音することができます。
例えば、複数の日本語音声エンジンをお持ちであれば、通常の分を男性音で読ませ、会話文を助成音で読ませるといったことが可能です。

クリップボードのテキストデータも録音可能に

GSテキストレコーダーを起動してF4キーを押すことで、クリップボードに在るテキストデータを録音することができます。

録音した音声ファイルを一覧

録音した音声ファイルは、リストに一覧表示されます。
不要になった音声ファイルを削除することもできます。
また、F8キーを押すことで、音声ファイルの保存先フォルダをエクスプローラーで開くこともできます。

簡易プレーヤーを搭載

Ver3.0より、録音した音声ファイルを簡易プレーヤーで再生して、出来栄えを確認できる様になりました。
リストで音声ファイルを選択してスペースキーを押すことで、録音内容を聴くことができます。
もう1度スペースキーを押せば、再生が停止します。

各種スクリーンリーダー対応

スクリーンリーダーは、PC-Talker・FocusTalk・NVDAでの読み上げに対応しています。
いずれかのスクリーンリーダーをご利用であれば、聞きなれた読み上げ音声でGSテキストレコーダーを快適にご使用いただけます。

無料版での機能制限内容について

GSテキストレコーダーは有料のシェアウェアです。
ライセンスキーを登録いただくまで以下のような機能制限がかかります。

動作環境

GSテキストレコーダーは、以下のOS上で動作することを確認しています。

*Windowsはいずれも日本語版です。

ライセンス価格

GSテキストレコーダーは有料のシェアウェアです。
GSテキストレコーダーが搭載する全ての機能を制限なくご使用いただくためには、作者からライセンスを購入いただく必要があります。
GSテキストレコーダーの1ライセンスの価格は以下の通りです。

代金のお支払方法としましては、銀行振り込みまたは現金書留をご利用いただけます。

ご注文

GSテキストレコーダーのライセンスのご購入は、ご注文フォームからお申込み下さい。
日中であれば、通常1・2時間以内に、作者から振込先などをご案内するメールをお送りします。
ご注文からライセンスキーをお受け取りになるまでの流れは、こちらよりご確認いただけます。

*お申し込みから24時間以上経過しても作者からメールが届かない場合には、お手数ですがお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ご注意